新卒エリア総合職として3年勤めたメガ損保を退職するまで。

パンダさんとヒマワリ。退職時の上長からのパワハラ、エリア総合職についての実情など、出来事をそのまま記載したいと思います。

番外編17 損保新入社員研修

新入社員研修についてです。

 

多くの会社は入社式付近で新入社員研修や合宿研修を行うのではないでしょうか。

 

元弊社も、新入社員研修がありました。



・・・・学生時代の入学前のオリエンテーションの思い出
前の席の子おしゃれでかわいいなと思って見てたら・・・急に振り返って「ね、メアド交換しよ〜」←世代がバレる。出席番号順、あいうえお順に感謝!

 

・・・ゼミ合宿の思い出

研究発表ディベートそして飲み会誕生日会それからワクテカ恋バナ女子部屋

 

社会人の研修では、そこまでワクテカしたことはありません。(ないとは言わないけれど、一番には期待しないほうがいいです。)

人事は、上記のような気持ちをチラチラさせながら入社式に臨んでいる社員たちに「社会人魂を叩き込んでやる!」をコンセプトに新入社員研修を計画している(と思われます。)

 

ただし、入社時期によってもこの研修コンセプトは変わってくるらしく、私のときはグローバルのみ合宿研修、エリアは合宿なしの研修でした。

私より一つ前以前は、グローバル・エリア混合の合宿研修だったそうです。


⭐︎この合宿研修が曲者です。

 

人事が、本当に何を思っているかは私のあずかり知らぬところですが、
聞いた話をまとめると、

・とにかく怒られる。怒られる。怒られる。

 

・怒られる理由「トイレのスイッチを消していなかったから」「スリッパの並べ方が悪い」

そして、なぜそういうことが起きたかを1時間以上グループで考えさせられる。

 

・会社の「合宿所」で、ホテルなどの自由な雰囲気?とは勝手が異なる(らしい)。

研修の内容自体は、グループワークや仕事内容の勉強らしいですが、それよりもとにかく何か理屈をつけてでも新入社員を怒って上下関係を叩き込み、学生気分を叩っ切ろうとしている・・・のではないかなと思います。

 

実際に、合宿講師をした人によると「とにかく怒れと人事に言われて困る・・・」とのことです・・・。

 

合宿最終日、ずっと厳しかった講師に優しい言葉をかけてもらった瞬間全員で泣き出した・・・なんていう・・・話も・・・・。


私の個人的感想は心にしまっておきます。

 

・・・新入社員研修は、私の知る範囲ですが企業や業種によってカラーはかなり違うかなと思います。

座学が多いのでしょうが、他には海外研修!ってところから、普通にいい雰囲気で人事と仲良くなって帰ってきたぜって人から(コミュ力の問題か?)、先輩社員と観光旅行をした、などなど。

 

一方・・・

 ⭐︎エリア総合職のみの新入社員研修

私(エリア)の方は、上記に比べればゆるい雰囲気でした。
基本的に家から研修場所へ通う方式で、グループワークや座学(保険についての勉強)が中心でした。

社会人のマナーや保険の基礎はここで教えてもらえるし、テキストももらえるのでお好みで家で勉強もできます。笑

私みたいに、「保険について何も知らなくても大丈夫」ってのはまぁ安心なところです。

 

研修は、定時を基本にタイムテーブルが作られていて、10〜11時:電話応対の勉強・・・・終礼などがきっちり決まっています。

ですが、このタイムテーブルはほぼ毎日オーバーしていました(笑)

初日から定時終業時間の1時間半後に退勤。

 

原因は、2つ。

1つ。用意されているタイムテーブルが内容を終わらせるにはギリギリであること、また講師の段取りに問題がある。

 

2つ。講師が突然「社会人としての心構えとはッ!!!!」などを語りだしたり、特に誰か何かしたわけではないのに、「雰囲気がたるんでる!!!これから社会人としてやっていく心構えはあるか!!!あるかって言ってるんだ!?」などと怒り出したりするため時間が持って行かれる。

 

そして、「早速毎日残業⭐︎損保新入社員研修!」(CV.お好みで)が終了しました。

 

驚いたのはここからです。

 

研修中の勤務時間は、開始時間と退勤時間(定時オーバー)を講師が口頭で全員に告げ、それをメモしていました。(手作業!)

※通常はPCのログイン・オフ履歴でチェックされます。

 

研修と研修の間に、10〜15分の短い休憩時間が取られます。
基本的には、「お手洗い・水飲み休憩」程度の位置付けと思われます。

(変な話ですみません・・・)そもそも研修場所は化粧室が少なく、化粧室に並ぶだけで5〜8分はくらいかかってしまうことがあります。

そして、休憩時間といっても、その時間に一つ前の時間で学んだことの「感想」を書いたりするため、そこまでフリーな時間があるわけではありません。

(一応最後に、感想を書く時間もありましたが、毎回書いて行かないと追いつかない)

 

人事としては、用意した研修のタイムテーブルの定時終業時間を大幅にオーバーしたことを快く思わなかったのか、
一旦提出した勤務時間(上記の短い休憩時間込み)から、「この10〜15分は私的時間のため、研修時間ではないから研修時間として提出するな」としました。

確かに、そうすると大体「定時終業時間をオーバーした分(残業時間)」=「1日の短い休憩時間の総合計(お手洗いや水飲み休憩用の時間)」となり、「研修は定時で行った」と計算上はなるんですが・・・。

 

確かに、勤務登録の際に「私的時間」というものも用意されています。

ただし、これは「気分が悪いから休憩室で休んでいた」「勤務中に病院に行った」というようなときに使うのであって、勤務中にトイレに行くために使う時間=私的時間ではありません。


・・・とはいえ、この研修の10〜15分の休憩時間は、はっきりと「トイレのための休憩」とは言い切れず(少し長いですし)、「私的時間に入れるのはおかしい」とまで言えるものではないと思いますが・・・・・・謎ですね^^;

 

 

私の知る範囲では以上になります。

 

今のところ、元弊社の新人研修はそこまで「和やかワクテカ」ではない気がします。

(他の企業や業種の研修と比べて)

 

ただ、座学で体系的に社会人の基礎マナーや保険の基礎についてまとめて教えてもらえてよかった面もあります^^

 

あとは、同期と親しくなれるチャンスなので、これを活かして人脈作りをするのもありかなと思います^^!

 

研修制度も年によって多かれ少なかれ違いはあるでしょうし、
そのときの雰囲気が自分にあっているかどうかが大きいかもしれませんね。

 

続きます〜

 

  ご質問は、Twitter(@yurururu_lalala)のDMもしくは質問箱にていつでも受け付けております!お気軽にコメントやご質問いただけたら嬉しいです^^!!

 

番外編16 損保内勤のファッション

損保業界で勤務するときの女子の洋服問題。

(私がそうだったのですが、「目立たず騒がず、でも何着たらいいの?」って思っている方向けかもしれません。)

 

これも、部署によります。

そればっかりだな!!!!!って思われるかもしれませんが(汗)

内勤は、基本的に自由です。

 

研修では社会人マナーブックをもらったり、無駄に厳しい(この研修話もまたの機会に・・・)講師の社員から、「このマナーブックに沿った服を守るように」「研修後も、お互いに服装をちゃんとチェックするように。社会人として恥ずかしくないように。露出の多い服は厳禁です」と言われたりしました。

ですが、部署の先輩たちの服装を見ると、花柄のスカート、ドレスワンピ、ノースリーブ、ホットパンツ、サンダルetc・・・
他の部署の人でも、赤や紺のジェルネイルをしていたり、稀にロリータっぽい服を着ている人もいました。

 

・・・ノースリーブとホットパンツがOKであるなら、それ以上に露出の多い服を着て会社以前に外をウロついていいのかわかりかねますが、基本的に内勤は何を着ても問題なさそうでした。


ただ、後輩の服装ウォッチをしたりしている人もいるようなので、新人期間は様子見をしておいて損はないと思います。
でも、本当に自由だったので、服装のことで何か言われたり、注意をされたという人も周りにはいませんでした。

ちなみに、研修期間は確か「社会人として恥ずかしくない格好で来るように」という謎の決まり文句がありました。

私のときは以下な感じ。

リクルートスーツ

・社会人スーツにカットソー

・ジャケットの代わりにオフィスカジュアルなカーディガンとスーツのスカート

・無地のスカートとシンプルなカットソー

(某スーツ店で売っているスーツをみんな買ってくるのでだだかぶりする笑)

初日はスーツで出勤しておけば問題無し!ですね。


「キラキラに縁がないどころか、モブすぎて何着たらいいかわからないけどどうしよう・・・。」と思っていた私が買っていた洋服のお店は以下
(この情報、需要ないと思いますが・・・汗。
もし、昔の私のように、「社会人 服装 内勤」で検索かけようとしていた方がいらっしゃったら一つの案としてチラ見していただければ・・・)

・ROPE PICNIC

・proportion

・ミッシュマッシュ

・パターン フィオナ

・ジルバイジルスチュアート

ストロベリーフィールズ

・レッセパッセ


キラキラ系&情報たくさんある方はスルーしてください^^;

 

営業部(フロント=お客さまと会う営業員)配属の場合

私も、同期や周りから聞いたところしかわかりませんが、
営業部は基本的にスーツ、もしくはオフィスカジュアル(ジャケット必須)だそうです。

この辺は、配属先からの指示を待ったほうがいいと思います。

 

 

ちなみに、内勤だった私は、研修以来一切スーツを着ていません。
社外の人と会うときもオフィスカジュアルなジャケットで済ませました。


配属先が不明な入社直前、入社のお祝いにスーツを3着をもらったのですが・・・。

「どこに配属されるの?」「さぁ、営業だと思う」と答えたらお祝いということで親が買ってくれたんですけど、蓋を開けたら内勤。研修以降、スーツを着ることはありませんでした・・・。
中々出番がありません(´;ω;`)!

・・・なので、配属がわからない間、社会人スーツはひとまず1着でいいと思います(笑)

続きます〜

 

 ご質問は、Twitter(@yurururu_lalala)のDMもしくは質問箱にていつでも受け付けております!お気軽にコメントやご質問いただけたら嬉しいです^^!!

 

番外編15 異動送別&結婚出産祝いプレゼント裏話

1、異動送別プレゼント

会社や部署によっても違うと思いますが、グループからの異動する人に、花束とメッセージアルバムを贈ることが慣例になっておりました。

 

もちろん、私も退職のときにいただきました。

 

1年目のとき、どうしてもわからないことがあって質問したら「忙しい!」と怒鳴ってきたあるエリアの先輩が「責任を持って仕事をしてほしい」と書いてきていたり(こんなにブーメランなことってないですよね)、「退職するべきではないと思う」という怒りの注意を書いてきてくれる人もいました。

そんなことを書くくらいなら書かなくていいよと思う内容のものもありましたが・・・

 

不思議な魔法で文字が見えなくなっちゃったよ〜(・ω・)ノ★ホイッ

 

写真がたくさん貼っていて記念にはなりましたし、優しい&素敵なメッセージもいただけてうれしかったです(´;ω;`)これは本心。

 

以下は、「お前メッセージアルバムもらっておいて何を言ってるんだよ」と言われるのを覚悟で、あえて言います。

 

異動者、退職者がめちゃくちゃ多かった今年の3月末、アルバムの作成とメッセージカードのとりまとめ、花束の調達を行ったのは全て若手エリアの同期(と若手の先輩)数名です。

 

私も昨年まで作る側でしたが、正直言って相当な手間です。

 

仕事帰りに決められたお店でアルバムを買って、シールやメッセージカードを買って、指定されたイラストを手で(!)印刷して作り、メッセージカードを配って、写真を撮って、家で遅くに貼って、なぜか貼るキャラクターにも制限があり・・・

 

同期とも散々話しましたが、「こんなことやりたくない」「なんで家で遅くにやらなきゃいけないんだ」「異動者が多すぎる」というのが総意でした。

 

私は辞めた側なので敢えて書かせてもらいます(笑)

 

グローバルの先輩の中には、「こういうのは気持ちだからやるべき。お互い様だよ」とおっしゃる方がいました。

そうです。メッセージカードは気持ちです。

 

ですが、これをとりまとめて、メッセージカードを集めて整理して、間違いがあれば声かけをして、家で夜遅くに貼り付けるのは全て若手エリアです。
ずいぶんお優しい気持ちでいらっしゃいますね^^

 

中堅のグローバルに手作業でメッセージカードを貼れとは思いませんが、
「気持ちだ」などと偽善的なことを言うなら、せめてカードのとりまとめの声かけ「みんな!!今日までだから早く出そうぜ!!」くらいしてもいいのでは?
エリアが頼んでも後で書いておく、とスルーされることもありますが、中堅グローバルが声掛けすれば集まりやすくなるとは思います。

 

そして、メッセージカードの締め切りを破る人が相当数います。

 

あまり関係性が上手くいっていなかった私のサポーターの先輩は「カードのとりあつめの段取りが悪いよ!!」とまた怒ってきましたが、

平然と締め切りをお破りになられた上に、一番遅くに謝りもせず出してきました。

 

そもそも、異動発表からメッセージカードのプレゼントまでの時間がない上に、

全員揃わないと貼り付けるなどの次の段階に入れないんです。

相当迷惑な行為です。

メッセージカードといっても、文通のように長い文を書くのではありません。文字の大きさにもよりますが、200字程度にまとめて書くだけです。(もちろん、思い入れのある方には別途手紙を送ったり、相当小さい文字で書いたりしますが)

以下テンプレート。
(あくまでよくあるテンプレートです!これをそのまま書くわけではありません。)
「某さん
ご栄転おめでとうございます。
某さんには、1年目のときから某チームでお世話になりました!
某さんと某某を経験したのは良い思い出です。
今後のご活躍をお祈りします!

ありがとうございました。」


・・・これ、そんなに時間かかりますか?

 

本当は、「チッ面倒だな、後回しにしたろw」とか思ってるんじゃないですか?


 

また、メッセージを贈る相手の名前の漢字を間違えて平然と出してくる人がいました。

 

漢字くらい正しく書いてください!!!!!!書けないならもうひらがなでいいです。

 

よほど難しい名前やレアな名前の漢字をちょっと間違えるくらいなら仕方ないけれど、気をつけていれば間違えないレベルの字をなぜ間違えるんですか?

 

例1、篠山さん(仮名)の、篠の竹冠が草冠になっている。

例2、大田さん(仮名)宛なのに、小田さんになっている。(ふざけたわけではなく、急いで書いて間違えたそうですがどんなに急いだらそんな間違えになるのか笑。ゴジラ襲撃の対応でもしてたんですかね)

 

これも必要あれば声かけをして、もう一度書いてもらわないといけません。


が、昨年私がとりまとめたとき、相当数の誤りがあったので・・・もう訂正&再回収はしませんでしたよ。間違った人の責任として、そのまま貼り付けました。(締め切り破られた上、漢字の間違いまで直す時間はありませんでした)

 

・・・個人的には、グループラインで思い出のアルバムとして共有、一言ずつグループラインに書いていくとか、色紙1枚にして回し書きをしていくくらいでいいんじゃないかと思っています。
定年退職だったり、出向される方のみにメッセージカードのプレゼント、でもいいのではないかとも思います。

(友達や身内の職場では社内異動は大掛かりなメッセージの対象外、と聞いたので。。)

 

これは提案したことありましたけれど、「でも、今までとやり方変えると嫌がる人がうんぬん」

その嫌がる人が制作委員会でも作ったらいいんじゃないですか。

 

メッセージカードがあった方がいい、アルバムがあった方がいい、

そりゃ、あった方がいいです。誰だってそう思います。幼稚園児でもそうでしょう。

 

余計な手間になっているのであれば、やり方を変えてもいいんじゃないかな、と私は思います。ただ、それ以上動くことができなかったのは私の力不足でした(´・ω・`)

 

 

 

2、結婚や出産お祝いプレゼント裏話

 

これも、本当に退職したから言えることなんですが・・・

 

私も結婚したときのプレゼントをもらいました。

結婚の1年半後に。

 

なんでそんなことになったかというと、(推測や聞いた情報に基づいています)

私が結婚報告した時は、特段グループや部からのプレゼントはありませんでした。

(同期からはもらいました)

 

その1年半後、同じグループの人が結婚した時に、グループからプレゼントを渡したいという話になったんです。
お世話になっている人なので私も連名で渡したいと思っていました。

 

ですが、

「そういえば、あみのさんに渡してないのに、Aさんにだけ渡すのって良いの?」という横槍が入ったらしく、

結果、なぜか1年半後に突然結婚祝いのプレゼントが飛んできました。

ちょっと驚きましたが汗、でも、忙しいのに買ってきてくれた若手エリアの同期や、気まずくてもなんとかしようとしてくれた人を思うと、やっぱりありがとうと思ってます。

 

まあ、ここまでは私の心がちょっと驚いたくらいなのですが、本当に書きたかったのはこれ以降です。

 

 

その後も、出産や結婚のお祝いラッシュがあったときに、以下のような意見も、身近なところで聞きました。

 

・プレゼント代が高すぎる

 (「ここのところ結婚する人が多いから財布が困る」とブツブツいう声が聞こえていたたまれなかった。)

・グループで渡すかチームで渡すかはっきりしてほしい

 (チームとグループの2重で渡すのは無駄になる、と言っている人がいた)

・一方的に渡して損した気になる
(「あみのちゃんはもらっててトントンだからいいよね、私は渡すだけだから損だ」というようなことを言われました・・・)

 

 

おい、わざわざそんなこと書くんじゃねェよ!!!!!!と言われるかもしれませんが、辞めた今だからこそ私だけはかけるんじゃないかと思って、書きました。

 

個人的には、お祝い事にプレゼントをあげるのは賛成ですし、集金も特に高いとは思いませんでした。(お祝い事に値段ってないですから・・・)

 

ですが、水面下ではこういう意見も出ています、ということを伝えたくて書きました^^;

 

多くの人がいれば、色んな意見があるのは仕方ないですよね。

ですが、できる限り渡す人ももらう人も気持ちの良いプレゼントのあり方が良いんだろうなと思っています。

 

続きます〜

 

 ご質問は、Twitter(@yurururu_lalala)のDMもしくは質問箱にていつでも受け付けております!お気軽にコメントやご質問いただけたら嬉しいです^^!!

 

番外編14 「それでも私は損保を選んだ。」

メガ損保(赤)の裏話や思ったことをこちらのブログに書いてきました。
ここまで書いたことは、私の本心であり、経験したすべてです。

ブログの過去記事にも書いてきましたが、私は就活生時代、他業界の全国型総合職とメガ損保のエリア総合職の内定いただき、後者を選びました。

理由としては、交際していた彼との結婚を意識していたので(卒業前に婚約しました)エリア総合職であれば、結婚してからも仕事を続けやすいのではないか、と思ったからです。
友達や家族やゼミの同期やそもそも彼は、前者の業界の方がいいと再三言ってました(笑)。もちろん、もしそちらに行っていたからといって、今どうなっているかわかりません。


いまいまのいま、あの日に戻ったら、とりあえず前者の業界に行くでしょうが、

あの日のあの自分の気持ちや情報量を考えたときに、損保を選んだことは至極当然であって、それ自体は3年で退職したいま、後悔していません。

 

「それでも私は損保を選んだ。」

 

DMや質問箱で、損保に行きたいor損保で勤めていますという方々からメッセージなどなどをいただきました(ありがとうございます><。)

 

というわけで、ここではメガ損保に3年勤めて、「良かったこと」を書いていきます。

 

①規模の大きさ
メガ損保であったというのもありますが、全国津々浦々支店があります。
全国のお客さんとやりとりできることは「やりがい」や「幅の広さ」を感じました。

②福利厚生の良さ
周りと比べて、一般的な企業としてはとても福利厚生が安定していると思っています。
もちろん、タイミングや部署の雰囲気によって違いはありますが、3年間勤めた私の主観では「えっ、思ったよりずっと良いな!」というところです。

 

③エリア総合職の良さ
地域限定で働ける=その地域での安定した生活環境を作ることができる。

 

④保険商品の大切さ
この辺は就活のときに述べるような「綺麗な」内容なので割愛します(笑)
就活中に志望動機とともに述べていた、「こころのどこかで、きれいごとだと思っていた保険商品の良さ」ですが、いざ勤めてみると、きれいごとではなく、本当ごとだったな、という気持ちもあります。

 

もちろん、裏事情を知ってしまったからには私は私の損保会社の契約には入りませんが(笑)それでも、保険商品が大切なものであることは、3年間たっても変わりませんね。

 

 

私は、3年間勤めたことは後悔していません。
規模が大きいからこそ、学べることもたくさんあったと思っています。

リーダーやサポーターの言動などを思い返すに、尊敬に値しない人間もいました。それは事実です。

ですが、そんな中でも本当に優秀な方や、ひたむきに仕事に向き合っている素敵な先輩もいらっしゃいました。

その人たちとの出会いそのものは、私がこの後どう生きるにしても活かしていかなければならないものだと思っています。
私は無駄にストレートなので、お世話になったと(勝手に)思う方には、他の人とは違うお菓子かお手紙か超・長文メールをお送りいたしました。
(おそらくこちらをご覧になることはないでしょうが、ここでお礼申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。)

 

私は、私の考えがあって3年で退職し、別の道へ進むことにしました。
それはあくまで私の道です。


損保には、退職まで勤務される人もいますし、損保で活躍すべく努力されているエリア総合職の人たちもたくさんいます。

「どうしても損保で働きたい」と思っている就活生の方は、そのまっすぐな思いを大切にしてください。

そして、少しでも多くの先輩社員に会ったり、活躍されている方のSNSにメッセージを送ったりして、お話を聞いてみたら良いかと思います。
(※SNSのみでやりとりをして直接会うことはトラブルの元にもなりますので、私はお勧めしません。為念。)

 

私は、今自分の道探し(詳細は記載していませんが、一応ちゃんとちまちまちまちま色々動いています笑。)をしています。

私は、10年後「退職の決断」を良かったと、改めて思うような人生を歩みたいです。

 

損保を目指す方、損保で働くことにご自身の夢がある、と思う方には、10年後「損保で働いていて良かった」と思えるような道を歩まれていて欲しいです。


(「損保に勤めている者」と「それ以外」、「損保社員」と「契約者になるかもしれないけれどならなくても何の影響もない(笑)単なる一般人」と、もうあの日、道は分かれているので・・・)

 

損保を志望される就活生の方々が、希望の道を歩まれることを願ってます。

 

 

ご意見やご質問はTwitter(@yurururu_lalala)のDMか質問箱かコメントにて、お気軽にいただければ幸いです。

 

あみの

 

番外編13 損保会社で人気のある部署と配属先

人気のある部署とそうではない部署の真実です。


グローバルの多くの初任地は地方のお客様保険金サービス部です。その後、グローバルは各地を転々とするのが多いようです。

 


グローバルについてはあまりわからないので、基本的にエリア総合職について書きます。

 


人気のある部署

・本社内勤

・個人のお客さまと関わらない部署

・保険金支払いに関わらない部署

・定時帰りできる部署

・面倒な人間関係がなさそうな部署(男女の人数比など)

・個人代理店の営業がない部署

 

 

 

こんな感じでした。

 


ちょっと前まで、エリア総合職はあまり営業に行くことはなかったのですが、最近はドカドカ営業部に出されています。

 


同期は全員、営業には行きたくない!!!!と言ってます。

 


就職活動の頃…OBOGの先輩から、

「営業店は個人のお客様と関わることができるし、代理店を育てるやりがいを感じられる!」

 


な〜んて聞いてました。

 

 

 

いや、物事の捉え方は色々ですが…

 


私が異動内示を受けた郊外のとある営業店の現状は以下のとおり。

 


・代理店の接待が大変。代理店の接待費用の一部を自己負担しないといけない。

 


・一部の代理店がセクハラ発言をする

 


※郊外の営業店のエリアが担当する代理店は、家内工業のような代理店が多いです。(某さん家の家族でやってるとか。代理店といっても、お店というより家の部屋のイメージだったりする)

 


・代理店営業に出るエリア総合職と、事務のエリア総合職の給与が同じであることに不満がでている。

 


・エリアは車の運転しなくてもなんとかなる★ということを説明会で言われましたが、都心や大手企業向けの営業以外は基本的に車での営業

 

 

 

こんな感じでした。

これをどうとるかは人によりますが、グローバル・エリア問わず人気なのは法人営業でした。

 


大手の法人や大手代理店、大手ディーラー向け営業>>>>>>>>超えられない壁>>>>>>一般・個人向け代理店

 


「お客さまが一番大切」というのは本当であって欲しいけれど、それってほんとうにほんとうにほんとうですか?

 


私の所属部署のリーダーは、郊外の営業店を「あんなに素晴らしい営業店はない。こんなチャンスはない」と言っていたのに、

私が退職することになると

「君の代わりに、郊外の◯◯営業店に行かされる仲間や他の人のことをなんとも思わないのか!!!!!」

 


と、舞台役者並みの迫力で言ってきましたよ。

 


退職して迷惑をかける私も悪いかもしれませんが、本社のリーダーとして、郊外の営業店を、その先の個人のお客さまをバカにしてるとしか思えない態度ですよね。

 


でも、これが多くの人の本心なんですよね、きっと。

 


一般店営業も保険金支払いの部署も行きたくない

 


本社から大手法人営業をしたい。

 


…でも、それって結局、

損保の仕事そのものには関心を持てていないってことですよね?

 

 

 

「辞めたお前がふざけるな」と言われるのはわかってます。

でも私は、そこに気がついたから辞めたのです。

 


就活生の方には、どうか、

どの部署に憧れて、何をしたいか、何をしたくないか、自分の本当の気持ちに目を背けないでいてほしいです。

 


それが、失敗した私が就活の頃の私に伝えたい本心です。

 

 

 

続きます。

 

 ご質問は、Twitter(@yurururu_lalala)のDMもしくは質問箱にていつでも受け付けております!お気軽にコメントやご質問いただけたら嬉しいです^^!!

 

 

番外編12 合併による内部事情

番外編12です!!

こんにちは。

裏話番外編はまだまだこっそり書き続けます。

金融業界といえば、合併が多いイメージ。(私だけでしょうか)

年配のひとは、「赤バンクの名前が変わりすぎて、元々なんだったっけ・・・」って言ったりしています。

 

メガ損保も合併アーンド合併、あるかと思いますが、

元弊社の合併と内部事情を記載します。

 

合併後の社員にとっては、特に合併前がどうであっても関係ありません。

少なくとも、合併後社員の私は、特段合併云々を意識したことはありませんでした。

 

が、問題は合併前の社員さんたちですよね・・・。

 

合併=幸せな結婚>ω<♪

 

とは、限りません。

<合併による人間関係>

f:id:yurururulalala:20190605055248p:image


どちらかといえば大きい方が、どちらかといえば小さい方を、陰で悪く言うのを、グループ内でも時々耳にしてました。

 

「小さい方の会社は、覇気がないからさ〜」とか
「大きい方出身のやつらの方が、優秀なひとが多いよな」とか
「あの支店長、悪いやつだと思ったら小さい会社出身だったよ」とか


もはや差別のようにしか聞こえないような気もしますが。

 

これ、大きい会社と小さい会社を、いわゆる何々差別の、「何」と「何」を入れても成立しますよ・・・。

 

ただ、さすがに、合併前後の社員、全員がいる飲み会でこんなこと言ったら、居酒屋が戦場と化すので
そんなこと言うひとはいません。

 

あるあるだったのは、
元大きい方の出身の人と、合併後の若手社員しかいない飲み会で、
若手社員に対して密かに、小さい方の会社についての評価を言うことが、時折あったくらいですね。。(実は)

 

あと、入社あたりの歓迎会みたいなところで、

「大きい会社出身の子はキラキラしてる、あ、私も大きい会社出身だけどね!」って言われたりしたことがありました。

コワー。

 

 <合併と昇進>

合併後入社した人たちは、合併後の給与テーブルなので特に関わりありませんが、
合併前の場合、

・大きい会社出身の方が昇進しやすい

・大きい会社の方が給与が少し良い

などの差があるようです。

なので、派閥を気にするグローバルの中には、「あの人は大きい会社の方出身だから・・・」とかいいながら、その人の近くに寄ったりする人もいたようです。

 

まあ、

私はエリアなのとそういうのは不器用すぎてわからないんでなんとも言えません汗

 

派閥があるとかないとか聞いても、

あまりそういうの、意識したことないですし、わからないですし。

 

なので、あくまで聞いた話です^^

 

<合併による弊害>

f:id:yurururulalala:20190605055239p:image

 

えーと。

突然ですが、結婚したときの一般的なあるある話を。

この話はフィクションです。実際の事件や団体や会社とは一切関係ありません!

夫「カレーは、牛肉で辛口が好きだな。僕、レシピはこれが良いよ」

 

妻「カレーは、豚肉で甘口よ。私、レシピはもう持ってるから」


・上手くやっている夫婦 海野さん

両方の良いところを取り入れる、話し合う、さっさと2つ作って比べてみる、全く別の新しいレシピを探すor作る

・もめる夫婦 某さん
上手くやっている夫婦の反対のことをする。
理由はどうあれ、レシピが決まらない。何年経っても夫のレシピと妻のレシピがごった煮になっていてまずい料理ができる。喧嘩になる。

妻「この、夫レシピが無駄にあるせいで、余計なものまで作らされて時間の無駄なのよ!」

 

夫「おい!!俺はずっとこのレシピでやってきたのにそういう言い方することないだろ!」

 

妻「何よ!料理もレシピもメインは私の方よ!!」

 

遊びに来た客「ね〜、せっかくだから最近流行りのチーズタッカルビ作ってよ!海野さんの家でも作ってるんだってさ」

 

妻「今からチーズタッカルビって・・・流行りだからって何でも作れないわよ!!!」

大量のレシピ集をひっくり返す。

夫「俺が前に作った時は・・・」

 

妻「あなたのレシピは使えないのよ!!」

 

夫「・・・()

 

結婚と合併は似ているような似ていないような……。

 

 

続きます〜

 

 ご質問は、Twitter(@yurururu_lalala)のDMもしくは質問箱にていつでも受け付けております!お気軽にコメントやご質問いただけたら嬉しいです^^!!

 

⑦メガ損保と退職交渉〜最終回の最終回〜

おまけ的な雑談(個人的な話)になります。

 

最終出社日から、2ヶ月が経ちました。

私は、次の道を模索中です。
中々厳しいことも、能力的な限界にぶつかることもあります。

少しずつ「やるべきこと」や「やりたいこと」に向き合って、
毎日頑張っています。(詳細を記載せずすみません)

退職して、こんなに心が楽になるとは思ってもみませんでした。

退職したことによるデメリットは、想像した通り、あります。
(一般的に想像できることですが・・・)

でも、その上で今
「退職して本当に良かった」という晴れやかな心で過ごせています。


リーダーとの会議室での退職交渉は、
思い出すと気分の悪くなるトラウマのようになっていますが、、

ひとつだけ、良かった?ことがありました。



私の父は、仕事に一生懸命向き合うタイプの人で、
私の成績のことも、進路のこともそこまで何かいうことは
ありませんでした。


でも、私が高校時代に希望していたある道を、突然反対したときも、
母に言っただけで、私には直接言ってくれなかった。
理由があるなら、私に直接言えばいいのに・・・と、
何も言わずにいる父の気持ちがわからず、私は私で意固地になりました。

私が、その後、突然大学院へ進学する!と宣言したとき、
どう反応するかと思っていましたが、
ああいいよと、それだけでした。

私のことどうでもいいんじゃないかな、なんて
若さゆえのひねくれた気持ちがもやもやと・・・。

ただ、今回、リーダーとの退職交渉のことが、
母から父に伝わったとき、

滅茶苦茶怒ってくれました。

本当に、会社に乗り込むんじゃないかという剣幕で怒ってくれました。

ただ、例えばもし親が会社と交渉してしまったら(ないですけどね!)

労基やパワハラ機関が直接入り込んでしまったら、
「親が辞めさせろって言った笑、から、辞めさせてあげますよ笑」
「余計な機関がごちゃごちゃ言ってきたから、ハイハイ辞めてくださいね」という風に
なってしまいます。

それは絶対嫌でした。


「何年営業や管理職をやったのか知らないけれど、
グループ一番おとなしい、3年目のエリア総合職一人の退職日すら、
説得も交渉できなかったね(笑)」

それをリーダーに(間接的に)伝えて辞めてやりたかったんです。


父も、本当に乗り込むなんてことしないですよ汗。

でも、それだけ怒ってくれたことが、私にはうれしかったです。

なんやかんや、私のことを気にしててくれてるのね〜と、
この年になって気付く私は親不孝かもしれませんが・・・。


そして、私の友達や親族や夫もみんな怒ってくれて、
なんだか一致団結しました!笑

 

雨降って地固まるではないけれど、
元々、私の両親と夫は仲よかったのですが、
これを機にもっと仲良しになって、
今月も皆で出かける予定です。

そして私も父と変にツンツンせず(反抗期の名残)
話せるようになってきた気がします。

 

そういう意味でも、まあよかったな〜と思います。

 

あとは、私が自分の道筋を手にいれるだけ・・・です。
(これがまた大変ですけどね・・・)



そして、

このブログでは、メガ損保や損害保険のこと、元弊社に対して否定的な意見も書いてきました。

ですが、それはあくまで、私の目で見た、私の感想と経験にすぎません。

 

3年間働いて、学んだこともたくさんありました。
悪いことばかりではありません。

でも、就活をしていた頃の私が、知らなかったこと、知りたかったことをブログに書いておきたいと思って、このブログを始めた次第です。

損保で働いている方、就活生の方がこれを見てくださった場合、
色々な意見があると思います。

でも、これはあくまで私のひとつの経験であって、
同じ弊社の同期でも、経験したことによっては、全く違うブログになるかもしれません。

一人の地味エリア凡人のヤツが、こういう経験をしたんだな〜、と
思ってくだされば、幸いです。


番外編はもう少し続けたいと思っています。

 

 ご質問は、Twitter(@yurururu_lalala)のDMもしくは質問箱にていつでも受け付けております!お気軽にコメントやご質問いただけたら嬉しいです^^!!